7月7日より2スクリーン上映スタート!

シアター・1F スケジュール

 

7月7日より2スクリーン上映スタート!

シアター・2F スケジュール

 

上映チャージ

一般:1,300円(税込)

小学生:650円(税込)

※「居酒屋ばぁば」は800円

未就学児は無料ですが、作品によっては鑑賞をお断りする場合がございます。

通常上映の際、座席の予約は受付しておりません。
本編上映前に予告編などはありません。
開始時刻より早めのご来店お勧めいたします。
 

 

tel:070-5401-1072
(シアター直通)






『ココロ、オドル

【上映期間】

 

 

6/8(土)〜6/30(日)

①13:00〜  

 

7/1(月)〜7/5(金)

①17:30〜  

 

 

7/7(日)〜7/24(水)

①16:00〜  

 

 

【内容】
英語の通じない島の民宿に宿泊することになった外国人夫婦。罪を犯し、逃亡中にもかかわらず息子のために島に帰ってきた男。妻が浮気相手と共に島から出て行き、残されてしまった義理の父と娘。不器用ながらも愛を求める3組の家族。そのココロは、美しい慶良間諸島の自然と島の人々のチムググル(愛情)によってほぐされ、やがてココロが打ち解けていく。

 

ドラマ(96分) / 2018年 / 日本

 監督/脚本 : 岸本 司

出演 :尚玄  吉田妙子  仲宗根莉乃  池間夏海  加藤雅也 







『ぼけますから、

よろしくお願いします。』
ドキュメンタリー映画
【上映期間】

 

 

6/8(土)〜6/30(日)

①10:45〜  

 

 

7/1(月)〜7/5(金)

①12:45〜   

 

 

7/7(日)〜7/24(水)

①10:45〜  

 

 

【内容】
娘である「私」の視点から、認知症の患者を抱えた家族の内側を丹念に描いたドキュメンタリー。

2016年9月にフジテレビ/関西テレビ「Mr.サンデー」で2週にわたり特集され、大反響を呼んだ。その後、継続取材を行い、2017年10月にBSフジで放送されると、視聴者からの再放送の希望が殺到。本作は、その番組をもとに、追加取材と再編集を行なった完全版である。娘として手をさしのべつつも、制作者としてのまなざしを愛する両親に向けた意欲作。

 

102分/ 2018年/日本 

監督・撮影・語り:信友直子

 




6月30日(日)までの上映です!

お見逃し無く。

 

『テイク・エブリィ・ウェーブ
ドキュメンタリー映画
【上映期間】

 

6/8(土)〜6/30(日)

①17:00〜  

 

【内容】
 ビッグウェーブ・サーフィンを変えたアメリカのアスリート界のレジェンド、レイアード・ハミルトンの驚くべき半生を追ったドキュメンタリー。大衆には愛されたがサーフィン業界からは無視されてきたレイアード。プロサーファーとしてコンテストで競う道を捨て、ビッグウェーブ・サーフィンの世界に君臨したウォーターマンだ。自分のやりたいことに全力で挑むアスリートが抱える恐怖や勇気、野望とそれに伴う犠牲に迫ったサーフィン・フィルムというジャンルを越えた作品である。

 

118分/ 2017年/アメリカ 

監督 ロリー・ケネディ

 



『愛と法
ドキュメンタリー映画
【上映期間】 

6/8(土)〜6/30(日)

①15:00〜  

 

 

7/1(月)〜7/5(金)

①10:45〜

 

  

7/7(日)〜7/24(水)

①11:15〜  

 

 

【内容】
 
カズとフミは大阪の下町で法律事務所を営む弁護士夫夫(ふうふ)。仕事も生活も二人三脚のふたりのもとには、全国から"困っている人たち"が相談にやってくる。セクシュアル・マイノリティ、養護が必要な子どもたち、戸籍を持てずにいる人、「君が代不起立」で処分された先生、作品が罪に問われたアーティスト…。それぞれの生き方と社会のしくみとの間で葛藤を抱える人たちだ。ふたり自身も法律上は他人同士のまま。そんなある日、ふたりの家に居候がやってくる。突然居場所を失った少年・カズマくん。三人の新しい生活がはじまった…

 

94分/ 2017年/日本 

監督 戸田ひかる